甲状腺機能低下症


甲状腺機能低下症は心臓などの機能を安定させる甲状腺ホルモンの分泌が著しく低下してしまい、身体にさまざまなダメージを与えてしまう病気です。
多くの場合、甲状腺機能低下症に陥ると病的に体重が増加してしまったり、身体がむくみやすくなったり、いつもだるさを感じるようになってしまいます。

 
つまり身体の機能が正常に働かなくなってしまい、エネルギーが上手く使われないことで、甲状腺機能低下症は心身に深いダメージを与えます。
甲状腺機能低下症の原因には甲状腺が慢性的な炎症を起こし、正常な働きを行えなくなることから始まってしまいますが、炎症を抑えるのが難しいのだそうです。

 
またヨードが不足することでも甲状腺機能低下症は起こりやすくなってしまいますので、食生活などにも気を配る必要があるのかもしれません。
しかし困った原因の中には、何らかの病気の関係で放射線治療や甲状腺摘出によって起こるケースもあるので、辛い病気なのが甲状腺機能低下症です。


◆卵巣のう腫を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ