生理のたびに出血量が増えて

    
スポンサーリンク

生理のたびに出血量が増えて、使用するナプキンはどんどん大きくなりそれさえも

仕舞いには2時間持たない有様。やっと病院へ行くと、診断・・子宮筋腫。

それも出血量が多い粘膜下筋腫だった。

 

通院した病院は、保健師の知人からの紹介の人気ドクター。手術をお勧めするけどまず貧血治療が優先で

手術は最低でも、3か月待ちとのこと。

治療をしないとすぐに命に係わるわけではないので、ゆっくり考えてくださいと言われた。

 

勧められたのは子宮全摘出。注射さえもドキドキの怖がりで、果たして手術なんて受けられるのか。

あらゆる手段で情報収集。その中で一番役になったのは、実は超アナログだが自助グループの集まりだった。

やはり実際に治療されてる方の生の声が一番だった。

 

敢えて手術を選択しない人・西洋医療に疑問を呈する人・・さまざまな人の声を聴き

そこで共通したのは、自分でよくよく考えて決めたことならいかなる結論でも後悔が、少ないということ。

・・・そして半年後、私は転院しこのドクターならという方に巡り合い手術を受けた。

 

自分で判断したことなので、本当に全く後悔がない。今はあの出血や痛みにおびえることもなく快適に過ごしている。


◆卵巣のう腫を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ