卵巣嚢腫の症状

    
スポンサーリンク

卵巣嚢腫は、子宮内膜症や子宮筋腫などのように痛みや月経異常などの自覚症状が出にくい病気としても知られています。

 

その原因は、卵巣が左右に分かれて2つある事に関係しています。

一方の卵巣に卵巣嚢腫ができてホルモン異常が発生していても、健康なもう一方の卵巣によって働きがカバーされるため症状として現れにくいのです。

 

また卵巣は、《沈黙の臓器》といわれるほど症状が表面化しにくい場所であるため、卵巣嚢腫の存在に気付いた時には、体外からも手で触れられる程の大きさに成長していたということも珍しくないようですね。

 

定期健診で卵巣嚢腫が発覚しました

 

私の場合は、子宮内膜症の定期健診で左の卵巣に6㎝の卵巣嚢腫の存在を知らされたのですがそれまで自覚症状は一切ありませんでした。

まだ外から触れることもできない大きさだったので定期健診を受けていなかったら知らない間にどんどん悪化してた・・・と考えると本当に怖くなりました。

 

卵巣嚢腫が原因のはっきりとした自覚症状が現れ始めるのは、腫瘍がかなり大きくなってからです。

腫瘍が膨張しすぎた事によって下腹部が膨れ《膨満感》を感じたり、下腹部の痛みや違和感、腫瘍が腸を圧迫して便秘になる、腫瘍に膀胱・尿管などを圧迫され瀕尿になる、腫瘍が栄養を吸収してしまい体内に栄養が届かず急激に痩せる・・・等がありますがその中でも最も怖いのが卵巣の“茎捻転や破裂”です。

 

卵巣嚢腫や卵巣破裂の危険性

 

卵巣嚢腫とは卵巣と子宮を繋ぐ“固有卵巣索”というヒモ状になっている結合組織が卵巣嚢腫の重みによって子宮から離れた位置でねじ曲がってしまった状態。

何の前触れもなく起こる事が多く、茎捻転や破裂が起こると出血を伴う激しい痛みや吐き気にいきなり襲われる事になり、最悪はショック状態による意識不明などに至る事もあるようです。

 

そこまで重症化すると緊急手術で摘出してしまう事がほとんどになってしまいます。

 

つまり卵巣嚢腫が小さいうちは専門医による検診を受ける事でしか発見する事ができません。

20歳前後の年齢になったら自覚症状が無くても3カ月や6カ月ごとにきちんと定期健診を受ける事が卵巣嚢腫を早期に発見するためにはとっても大切なことなのです。

 

 


◆卵巣のう腫を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ