卵巣嚢腫の治療法


私が卵巣嚢腫と診断された時に一番に頭を抱えたのは、その治療方法についてです。

 

発覚当初の私は治療について、子宮内膜症の時と同じで手術はできないからホルモン療法による治療だとばかり思っていました。

 

しかし医師から受けた説明では、卵巣嚢腫というのは腫瘍の状態や場所によっていくつかに分類され、そのなかのチョコレート嚢腫という病変にしかホルモン治療は効果を表さないという事でした。

 

そのほかの卵巣嚢腫に対して

 

・症状が悪化するまで経過観察

・手術で卵巣を摘出をする手術療法

 

この2つしか選択肢が無かったのです。

 

妊娠や出産に向けて前向きだった私は、手術療法しか治療方法がないと知り本当に絶望した事を覚えています。

 

 チョコレート嚢腫とその他の嚢腫の違い

 

チョコレート嚢腫とそのほかの卵巣嚢腫の違いは月経によって症状が悪化するかどうかによります。

 

唯一ホルモン治療が可能なチョコレート嚢腫は、月経が起きるたびに腫瘍の中に血液が溜まって大きくなっていくので、ホルモン剤による月経のコントロールで症状が改善に向かいます。

 

しかし、その他の腫瘍は袋の中に血液とは関係のない液体や粘液が溜まって発症するものなので月経を止めても何の効果も無く、卵巣嚢腫の原因となっている部分を切り取ってしまう事が一番有効な治療方法・・・ということでした。

 

当時私は、結婚を考えている相手もいて妊娠や出産に対しても積極的だったので卵巣にメスを入れるという手術療法に対してはどうしても前向きになることはできずにいたのです。

 

食事療法に取り組み始めました

 

そこで、私は卵巣嚢腫の民間療法や漢方などいろいろな治療法や体験談をたくさん調べることにしたのです。

その結果私が選んだのは、身体に傷をつけず精神的にも負担がかかりにくそうな食事療法でした。

 

詳しくは食生活の見直しによって、身体の毒素を排出して免疫力を高め人間が本来もつ自然治癒力を引き出しホルモンバランスを安定させるという方法。

 

食事内容の改善でなんかで、本当に効果があるのか疑問も残りましたが当時は藁にもすがる思いで食事療法に取り組んでいました。

 


◆卵巣のう腫を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ